Amazon輸出代行ガイドライン【総括篇】

個人がAmazon輸出ビジネスで成果をいち早く上げる為にはAmazon輸出代行の力は欠かせません。

その考えに今も変わりはありません。

これまでに執筆した過去の記事を整理していて改めて分かったことですがAmazon輸出では各工程それぞれに奥深さがありますのでどれか一つを突き止めればそこで完成するというものではないと感じます。

Amazon輸出を工程順に並べますと

  1. 商品リサーチ
  2. 仕入判断
  3. 仕入(仕入交渉)
  4. 検品梱包
  5. 国内外配送
  6. 通関
  7. 商品登録(出品)
  8. FBA納品
  9. 返品対応
  10. 広告訴求

少なくてもこれだけの工程を通過しなくてはなりませんしこれだけの工程の中で他社より抜きん出る必要があります。

Amazon輸出代行の場合で言うと4 ~ 8の工程がそれに当たります。

各工程の全てにおいて問題は常に発生しておりそのの解決方法は実務に携わっていなければ見えてこないのが実情かと思いますのでこの記事が、Amazon輸出においてのガイドラインになれば幸いです。

Amazon輸出におけるリサーチの位置付け

Amazon輸出

Amazon輸出において
商品選定は基本であると同時に最重要工程であるとも言えます。

それにはリサーチが欠かせませんのでこの場で疑問不安等を解消してください。

Amazon輸出でのリサーチ【基礎篇】

まずは実際に今売れている商品を確認するところから始めましょう。

売れ筋100位以内の商品が閲覧できます。

ここから売れる商品の傾向を分析して実際に扱う商品に反映させますが「実際に扱う商品」とは100位以内ではありませんのでここでは雰囲気を感じてください。

Amazon輸出リサーチにおける留意点

商品選定の工程では売れると予想される商品を見つける作業になる訳ですが売れれば何でも扱えるということにならないのがAmazon輸出です。

商品の中にも取扱禁止対象とされる危険物指定を受けたものがありますのでどの様な商品が該当するのかを学ぶ必要があります。

返品リクエストを防止する為の商品リサーチ

物販業での常ですがどんなに良い商品であっても返品は発生してしまいます。

つまりは、その発生を一定数盛り込んだ上で利益計画を立てることがAmazon輸出者には求められます。

ですが、その対策の一つとして返品されにくい商品というのもまた存在しますので返品率対策として参考にしてください。

Amazon輸出での商品優位性【カテゴリ申請篇】

「カテゴリ申請」という言葉をご存じでしょうか。

Amazon輸出には規定された手順を踏まなければ出品できないカテゴリ(ジャンル)が存在しています。

その申請に掛かる審査では一定要件を満たしていなければ対象外とされますのでここは中上級者が参照すべき項目となります。

日本の宝が喜ばれます

Amazon輸出における商品選定で最も重要視すべきポイントと言えますのが「日本」から「海外」に向けた販売であることを意識するということです。

具体的には、海外の顧客が日本人販売者に何を求めているのかを考えぬくことにあります。

日本の強みとは漫画アニメだけでしょうか。

Amazon輸出での売れない理由探し

Amazon輸出

Amazon輸出では適当な数適当な時期で売り切る戦略を有していなければ商品が売れることはありません。

その戦略立案に必要な各指標を読み解く術をこの場で学んでください。

Amazon輸出リサーチのお手本10選【Musical Instruments篇】

Amazon輸出でのリサーチ工程には「Japan-Import」という検索ワードが外せませんがそれだけでは勿論要件を満たしません。

当該検索の基適切な販売価格,ランキング競合販売者数等を実例(個別商品)を交えて解説していますので是非参考に。

出品者評価は最低50以上

商品を売る為には常に適正な販売価格を保つことが求められます。

それを自身の出品者評価により適正価格の概念も変わってきますので評価基準の面からトータルで解説しています。

「SS」「AW」とは何ですか

Amazon輸出の様な物販業では
年間を通じて売上に
多寡が発生しますが
その一要因として季節性が挙げられます。

アパレルの例に倣ってSS(エスエス),AW(エーダブ)と言った用語解説も行っていますので興味があればアパレル分野を掘り下げてみてください。

Amazon輸出儲かる為の施策を紹介します

Amazon輸出

Amazon輸出で儲かりたいなら独自の施策を打ち出すか売上向上につながる既存施策を繰り返すしかありません。

独自に施策を作るには時間が必要ですのでその時間作りの為の方策を。

既存施策であれば物販業の性質を考え資金流動性に着目するのが最優先だと考えます。

【Amazon輸出代行業者による資金流動化】儲かる為にAmazonスポンサープロダクトも紹介しています

時間作りには業務効率性の向上

時間を作る為にはどこかの作業工程にて業務効率性を上げるのが一番です。

例えば商品登録(出品)作業。

一例ですがCSVによる一括アップロードであればAmazon社が用意してくれているファイルにより直ぐにでも実践可能です。

勿論、ツールによる業務効率化もそれに含まれます。

Amazon Sponsored Products【基礎篇】

販促により売上向上を狙うならAmazonでは打てる広告があります。

「Amazon Sponsored Products」

この既存施策の中では有償ですがダイレクトに成約率へ反映されますのでやりがいは非常にある分野かと思います。

しかし、それだけに一朝一夕にはいきません。

Amazon輸出リサーチの先にある卸売取引先

冒頭に挙げた作業工程での仕入れには卸売先との仕入交渉も含まれます。

むしろ、商品リサーチはここに辿り着いた方が後々、非常に楽になります。

何故なら、一つの商品で数万~数十万という世界になる為です。

この分野は先の商品リサーチから繋げた方が合理的であり候補となり得る商品が分からないことには交渉というフェーズが発生しようもないからです。

商品リサーチはツールにより纏めて候補を見つけることをお勧めします。

Amazon輸出で食べていく為にはルールの厳守

Amazon輸出

これはAmazon輸出に限らず全てのビジネスにおいて言えることかもしれませんが無知であることが時としてその業界から退場する様なリスクを生みます。

Amazon輸出で食べていくにはAmazon社が定めるルールを把握することが一番のリスクヘッジとなります。
【Amazon輸出代行業者が最後の砦】Amazon輸出ビジネスを生き抜く為に考えること

何よりも危険物の持ち込みが嫌がられます

Amazon輸出では日本から海外に至るまでの物流において留意しなければならないポイントが幾つかあります。

それを動線から考えると端的にこうなります。

それぞれにルールがありますので発送前に抑えておいてください。

Amazon輸出FBAへ直接納品する方法

先ほどの最後に挙げたAmazonFBAへの納品に関して掘り下げますが日本から直接納品できるか否かで時間費用も変わります。

勿論、直送した方が良いです。

ですが、直送するにはある種のコツがありますので直送法について学びましょう。

「Important」で始まるメール

Amazonが突如、規約変更することはAmazon輸出界隈では有名ですがそれにより、昨日までリスクでなかったことが突如リスクに変わる場合があります。

その変更通知メールにより検知できますので定期確認を欠かしてはなりません。

ですが、変更通知は唐突であっても適用までに1か月間猶予されていることが殆どですので、よっぽど情報収集を怠慢していない限り問題ありません。

プロフェッショナルから受ける恩恵【リスクヘッジ篇】

前述しました
リスクヘッジの話に
関わるものですが
それらの内容に最も敏感であるのが
プロフェッショナルと呼ばれる存在です。

鍵となる情報の中には一般には到底回ってこない類の情報もありますので幾ばくかの対価を支払いそれを受け取ることが最も簡便な方策と言えます。

個人レベルでの物流量によるAmazon輸出であれば作業工程4 ~ 8(冒頭参照)の中でAmazon輸出代行業者の上をいくプロは少ないのが現状ですのでその事実を鑑みてリスクを排除してください。

税引前利益 = 利益(収益) – 費用(損失)

Amazon輸出

Amazon輸出では複数の工程を経ることは先に説明したとおりです。

各工程で費用が発生します。

Amazon輸出で利益を計算する際計算式を用いて考えるかと思いますがその中に、上で挙げたそれぞれの費用を当てはめて差し引きで最終的な損益を算出します。

つまり儲かる為には利益を伸ばす方策を考えるか費用を抑える方策を考えるかのどちらかです。
【500円台のAmazon輸出代行ならシュウカキにお任せを】Amazon輸出で儲からないと言わせない方法

Amazon輸出における銀行口座手数料

アメリカからの入金を日本と同じ次元で考えることはできません。

銀行口座を作りたいと思ったその足で銀行の窓口に行き身分証明をして当日中に口座を作成してもらう

という訳にはいかないからです。

居住地である日本と比べると使えるサービスも限られますし為替という概念も無視できませんので送金する時期も考えなくてはなりません。

Amazon輸出の代表的費用一覧

Amazon輸出で発生し得る費用について一覧を纏めました。

  • 仕入
  • 梱包
  • 配送
  • 関税

という感じで
多岐に渡りますので
詳細に確認してください。

送料削減 vs 日本郵便

Amazon輸出における費用の中でも送料が占めるウエイトはかなり大きなものになります。

ここは戦略によって取るべき方策も変わってきます。

例えばエンドユーザへの直接納品を考えるならば日本郵便における費用削減法を考える必要があります。

物流量に応じて個人でも適用できる割引がありますので参考にしてください。

送料削減 vs クーリエ(Amazon輸出代行)

日本郵便を利用した費用削減法については上での解説が参考になります。

ですが、送料削減を突き詰める際には方策が変わってきます。

クーリエを配送キャリアとして直接契約する方法かそれの次点としてクーリエを配送キャリアに採用したAmazon輸出代行業者を使う方法です。

得するインボイス記載法

関税を削減する方法にはインボイスという書面が関連してきます。

その中でも書面の書き方にポイントがありますのでできることは全てしておいた方が良いです。

商品によってはインボイスの記載方法を知らないがために通関でトラブルになってしまうこともありますしインボイスの記載方法によって関税額も変わってきます。

弊社で提供しているAmazon輸出コンサルではその辺りも教授可能です。

返品リクエストは少なくする方向で動きましょう

Amazon輸出

返品リクエストが物販において避けられないことは前述した通りですがそれを少なくする方法は別で考えた方が良い結果に繋がります。

自身のレポートから返品傾向を分析すれば対処すべきポイントも見えてきますし返品した商品自体が孕む問題も併せて見ていきます。
【Amazon輸出代行も仕組みの一環】返品リクエストはこの世からなくならない

顧客至上主義がもたらすリスク

まず返品要求者の方が販売者よりも立場が強いことを初めに認識しておく必要があります。

Amazon社の企業理念は一言で顧客至上主義と言い換えられますので発生頻度の高い返品理由を抑えておくのは勿論のことこちらの要求は通す為には根拠となり得る状況資料が求められます。

返品委託範囲【AmazonFBAマルチチャネルサービス篇】

Amazon輸出販売では別のECサイトからの受注も請負配送してくれるサービスがあります。

AmazonFBAマルチチャネルサービスです。

別販路での販売に関しましてもAmazonは返品対応を代替してくれますので強気な販売促進が可能です。

日本への返送について考えるべきこと

Amazonで返品リクエストが発生した後には所定の流れを経て戻ってきますがその後で、商品自体を日本へ戻すという選択も可能です。

その際、日本までの返送には相当の費用が発生する訳ですので費用(あとサービスも)を照らし合わせて対応するAmazon輸出代行業者を選択する必要があります。

返品商品における再販リスク

返品されてきた商品をAmazonFBAで再販する際には更なる返品リスクを考慮しなければなりません。

と言いますのも一度、顧客の手を経ている訳ですので商品状態は納品時と比べて確実に悪くなっています。

AmazonFBAが再販可能かの判定を行っているとはいえ毎回、完璧である保証はありません。

Amazon輸出代行ルールはこちらから【シュウカキ篇】

Amazon輸出

いざ、サービス内容に納得してAmazon輸出代行業者を使うとなった場合でも各社のルール踏むべき手順が理解できていなければ土壇場で難儀します。

代行業務とは全ての作業を代行してくれる訳ではなく少なからず委託者側で行うべき作業も存在しますので(スプレッドシートへの記入等)必要事項は抑えておきましょう。

それ以外のほぼ全ては一任できます。
Amazon輸出代行の基礎知識【完全版】

またAmazon輸出のための基本的な知識はHPに記載していますが一定以上の成果を可能な限り少ない時間で達成するにはAamzon輸出コンサルティングの受講をおすすめします。

一般的に独学では十分な成果が出るまでに1年以上かかると言われています。

コンサルティングを受講する場合は誰に教わるか、といったことも当然関係していますがおよそ半年あれば成果を出すことができその後の成長度でも差が出てきます。

関連記事

  1. Amazon輸出とは【メリットの数に注目です】
  2. Amazon輸出の方法論【卸売交渉篇】
  3. 【Amazon輸出代行も仕組みの一環】返品リクエストはこの世から…
  4. 【Amazon輸出代行業者による資金流動化】儲かる為にAmazo…
  5. アメリカアマゾン輸出で求められる対応力【突然の規約変更篇】
  6. Amazon輸出の出品手順
  7. ExcelでAmazonに一括出品する方法
  8. 【Amazon輸出代行を検討すべきタイミングですか?】リサーチを…
PAGE TOP