アメリカアマゾンでの出品規制を逃れる方法【カテゴリー申請篇】

アメリカアマゾンで商品を出品する際に
許可が必要となるカテゴリが存在します。

俗に、カテゴリ許可申請と言いまして
他のカテゴリとは異なり
初めから制限が掛かっている為
一般のセラーでは手が出しにくい分野です。

対象カテゴリは以下の通りです。

  • Automotive & Powersports
  • Beauty
  • Clothing & Accessories
  • Collectible Books
  • Collectible Coins
  • Entertainment Collectibles
  • Fine Art
  • Gift Cards
  • Grocery & Gourmet Foods
  • Health & Personal Care
  • Independent Design
  • Jewelry
  • Luggage & Travel Accessories
  • Major Appliances
  • Services
  • Sexual Wellness
  • Shoes, Handbags & Sunglasses
  • Sports Collectibles
  • Video, DVD, & Blu-ray
  • Watches
  • Wine

申請自体は簡単に
誰にでも行うことは出来ますが
正直、一発で許可を貰える方は少ないです。

アマゾン社は公開しておりませんが
カテゴリ毎に審査条件が設けられていますので
申請をパスする為に必要な要素を
ここでは説明していきたいと思います。

繰り返し申請をすることで
パスできれば他社より競合優位が
得られることは言うまでもありません。

申請方法の紹介

アメリカアマゾン 出品

まず、申請自体は
アマゾンの以下のリンクから
行えます。

カテゴリー申請リンク

この中から、申請希望する
カテゴリを選んで「Request approval」
クリックします。

すると申請に際しての
質問画面が開きますので
複数の質問に回答していきます。

Do all your products have UPCs?
「Yes or No」で回答します。

Are the xxx that you intend to sell new?
「Yes or No」で回答します。

How many products (including size and color variations) do you intend to sell?
「1」 or 「2-1000」 or 「over1000」の中から
数量を選択しますが、ここは2個以上を
選択した方が良いです。

What kinds of products will you be selling?
該当する中小カテゴリを選択します。

質問への回答が完了しましたら
「Continue」をクリックします。

次に、各種申請書の提出フォームに
遷移しますので、適宜入力していきます。

必要書類として、商品3点分の
明細書(インボイス)の提出が必要です。

内容としては、90日以内の履歴で
申請者名、仕入先名、電話番号、商品名が
記載されてあれば問題ありません。

項目としては、以下の通りです。

  • E-mail
  • CC
  • Phone
  • Company description
  • Estimated online revenue for this category

これらの入力(選択)が完了しましたら
「Submit application」をクリックして
アマゾンからの審査結果を待つ形となります。

考えられる審査条件

アメリカアマゾン 出品

申請方法自体は明白ですが
審査等に関わる条件に関しましては
正直、不透明な部分が多い為
ここから説明する内容には
確証がありません。

ですが、一般的にカテゴリ申請に関して
言われていることですので
大枠は合っているかと思います。

まず、必要条件として
大口出品者(プロフェッショナル)であることと
アカウントヘルスが「健全」であることです。

アカウントヘルス(健全性)の条件は
以下の様な感じです。

  • Order defect rate(注文不良率):  1%
  • Pre-fulfillment cancel rate(出荷前キャンセル率): 2.5%
  • Late shipment rate(出荷遅延率): 4%

他に重要な点としては
独自ショップ(ネットショップ等)を保有
そこで、当該カテゴリの商品を
販売している実績があるかどうかです。

ここで言われていることとしては
商品が売れた際に、問題なく発送が
できるかどうかをアマゾンが見ているという
情報がありました。

納得できる意見です。

最後に

アメリカアマゾン 出品

カテゴリ申請を通過して
独自の商品をアマゾンで扱かえるとしたら
これほど販売が楽なことはありません。

申請を行ってから
許可を貰うまでの道のりは
楽ではありませんが
繰り返し審査落ちを続けていると
改善できる点が一つ一つと
クリアできてくるかと思います。

申請自体に制限が掛かることは
今後ないと思われますので
諦めずにチャレンジしていくことが
重要だと思います。

必ず許可を取りましょう。

関連記事

  1. アメリカアマゾンへの送料を抑える方法【クーリエvs代行業者】
  2. 【Amazon輸出代行も仕組みの一環】返品リクエストはこの世から…
  3. Amazon輸出初心者はここに注意【6種の規制事項】
  4. アメリカアマゾン代行業者の料金早見表【完全版】
  5. ExcelでAmazonに一括出品する方法
  6. 海外Amazon輸出ビジネスでかかる費用
  7. Amazon輸出での返品至上主義について【FBA販売篇】
  8. Amazon輸出の出品手順
PAGE TOP