海外Amazon輸出ビジネスでかかる費用

海外アマゾンの輸出ビジネス

海外アマゾンを利用した輸出ビジネスを行う上では
販売や発送といったところで仕入れ以外の費用がかかります。

どんな支出が考えられるのかamazon輸出において
知っておくべき販売ビジネスを行うための費用についてまとめました。

発送費用

海外アマゾンで販売を行うということで海外向けの発送をすることになります。

発送手段はいくつかありますがamazon輸出であれば
SAL便かEMSのどちらかになるでしょう。

例えば2kgの商品をアメリカの購入者に向けて発送すると
EMSでは4000円かかり、SAL便では少し安い3850円かかります。

関税

商品によっては関税がかかることがあります。

この関税を支払わなくてはならないのは日本から発送している販売者側なのですが
現地のビジネスパートナー等がいないと販売が難しい場合もあります。

もしも、販売者側で適切に関税の支払いができておらず税関に引っかかった場合には
お客さんが関税を支払うことになってしまい低評価の原因にもなります。

アマゾン出品手数料

アマゾンで出品をするためにはシステム手数料を支払う必要があります。

プランは2つあり、月額固定で出品料を支払うか
商品の売上に応じて手数料を支払うかのどちらかを選ぶことになります。

2つのプランから選ぶという点においては
日本アマゾンと海外アマゾンどちらも仕組みが同じなのですが
海外アマゾンでは米ドルなどの外貨で支払うことに注意しましょう。

FBA手数料

ama
注文を受けてから発送までの作業をアマゾンに任せる場合には
FBA手数料を支払う必要があります。

日本から海外アマゾン倉庫に商品を納入することになるのですが
先ほど述べた関税などのトラブルもあるので直送はでないなどの問題点もあります。

注文を受けてから在庫をチェックして発送をするという作業は
かなり手間のかかる作業なのでFBAを利用する価値は高いので
使いこなせればamazon輸出の効率アップに貢献してくれます。

費用は商品サイズや数によって異なり、保管料などもかかります。

代行費用

自分で商品を送らず
外注の方や代行会社に
任せる場合その費用も乗ってきます。

しかし代行会社に任せる場合
送料は安くなることがほとんどです。

シュウカキの場合は
月額料を取ることにより
送料を他社に比べて圧倒的に
安くしているので
物流量が一定以上の方に
お勧めできます。

月に一箱ほどしか送らない場合は
EMS+転送で十分です、
代行会社を使うメリットは
あまりないでしょう。
(早く送りたい場合は別です)

商品代金の価格差だけだと
判断できません。これらのコストを
事前にシミュレーションして
リスクを極限まで抑えましょう。

関連記事

  1. Amazon輸出代行の基礎知識【完全版】
  2. 【Amazon輸出代行業者が最後の砦】Amazon輸出ビジネスを…
  3. ExcelでAmazonに一括出品する方法
  4. Amazon輸出の出品手順
  5. Amazon輸出での返品至上主義について【FBA販売篇】
  6. Amazon輸出FBAへの直送法【物流の合理化】
  7. 米アマゾン代行業者を使う前に【シュウカキ篇 No.1】
  8. アメリカアマゾン転売に必要な優位性の意識【伝統文化篇】
PAGE TOP