Amazon輸出を行う国はどこがおすすめ?

Amazon輸出を行う際に考えたいのが

  1. 日本製品の需要
  2. 競合の少なさ
  3. 販売国の物価・円安

です。

日本製品の需要

日本製品の需要が特に高いのはアメリカ、ドイツです。全体で見た場合も輸出量が多いですが次に説明する競合の少なさも同時に考える必要があります。

競合の少なさ

競合が少ないのは非英語圏であるイタリアやドイツ、スペイン、フランスです。非英語圏でのAmazon輸出販売は情報自体が少ないため取り組んでいる方自体が少ないですが弊社ではヨーロッパ輸出、特に非英語圏での販売を得意としておりコンサルティングを通してそのサポートも行なっています。

販売国の物価・円安

世界の物価は日本より高いところが多いのでどこで販売しても差益を生み出しやすくなっていますが時代によって物価が高い国は微妙に異なります。

また今はどの通貨に対しても円安になっているので輸出がしやすくなっていますがいつかは円高に傾く時が来ます。そうなると円安でギリギリ利益が出ているような商品は赤字に転落してしまうので円高下でも利益が出るような商品を扱うことが求められます。

 

関連記事

  1. Amazon輸出FBAへの直送法【物流の合理化】
  2. アメリカアマゾンへの送料を抑える方法【クーリエvs代行業者】
  3. difference 【Amazon輸出】小口出品と大口出品の違いについて解説
  4. アメリカアマゾンでの出品規制を逃れる方法【カテゴリー申請篇】
  5. prohibit Amazon輸出における禁止ブランドを一覧で解説
  6. Amazon輸出の方法論【卸売交渉篇】
  7. Amazon輸出代行の基礎知識【完全版】
  8. Amazon輸出ツールの比較とおすすめ
PAGE TOP