Amazon輸出での返品至上主義について【FBA販売篇】

Amazon輸出販売を行っていると
返品は一定数、必ず発生してしまいます。

ここではアメリカを例に挙げますが
国民性と言いますか、日本と比べて
オンラインショップに対する返品行為が
日常化している様に思えますので
月間の内、大抵はこのメールを見ることになります。

「Refund initiated for order…」

これは購入者に対して
返金処理を開始したという内容ですが
基本的に、返品を完全になくす方法はありません。

なくすことは不可能ですが
少なくすることは可能ですので
それらの方法を確認していきましょう。

「返品」が発生した際の流れ

amazon輸出 返品

まずは、返品が発生した際に
どの様な流れになるのかです。

順番に説明していきます。

  • 返品リクエストを受けた後、FBA倉庫へ戻る

返品対象となった商品は
出荷元のFBA倉庫へ返送されます。

ちなみに、FBA出荷をする際には
「配送代行手数料」が掛かっているのですが
FBA出荷後に、購入者の都合でキャンセルした場合
返品した場合、出品者に問題があると判定された場合等
全てのケースに置いて、この手数料は
出品者負担となってしまいます。

  • Amazonが商品を検品

FBA倉庫へ返品されてきた商品を
Amazonが検品して2通りの判定を下します。

再販可能(Sellable) or 再販不可(Unfulfillable)

  • 再販可能(Sellable)

この判定を受けた商品は
そのままFBA在庫へ戻されまして
商品ページ上でも販売可の状態となります。

ここでのリスクとしましては
Amazonでの検品作業が甘かった場合に
次に購入してくれた顧客から「中古品」と見なされ
それを理由に再度返品リクエストを受けることです。

このリスクを回避する為には
返品された商品を日本へ戻して
自分で検品することが確実ですが
その場合、日本までの送料は当然自分持ちですので
そことの兼ね合いが難しいと言えます。

  • 再販不可(Unfulfillable)

この判定を受けた商品は
FBA在庫には戻らず、不良在庫となりますので
「日本へ返送」もしくは「破棄」の選択に迫られます。

再販不可の判定を受けているということは
それ相応に傷、損傷等の理由がある訳ですので
「破棄」をして貰った方が良いと考えます。

「返送」「破棄」どちらの依頼でも
Amazonセラーセントラルの同じフォームから
行えますので説明します。

  1. Amazonセラーセントラルを開く
  2. 「INVENTORY」を押す
  3. 「Manage Inventory」画面が表示される
  4. 当該商品の右端矢印部分を押す
  5. 「Create removal order」を押す
  6. 「Method of Removal」フォームが表示される

haki-hensou

「破棄(Dispose)」を依頼する場合

  1. 「Dispose」を選択
  2. 「Unfulfillable」欄に破棄する個数を入力
  3. 「Continue」を押す

「返送(Ship To Address)」を依頼する場合
※米国内の住所を用意する必要があります。

  1. 「Ship To Address」を選択
  2. 米国内の返送先住所を入力

また、返送と破棄を実行するには
所定の費用が掛かりますので一覧を記載します。

  • スタンダードサイズ
    転送: $0.50
    破棄: $0.15
  • オーバーサイズ
    転送: $0.60
    破棄: $0.30

「返品理由」を把握する

amazon輸出 返品

自身が扱った商品に対する
返品理由を知ることは重要です。

この作業を経るか否かで
今後の利益に直結してくる為です。

返品理由は、Amazonセラーセントラルから
レポートで確認できますので
必ず定期的に精査しましょう。

  1. Amazonセラーセントラルを開く
  2. 「Reports」
  3. 「Fulfillment」
  4. 「Customer Concessions」
  5. 「Returns」
  6. 「Event Date(期間指定)」
  7. 「Generate Report」

返品理由の中には
自分が思いもつかない理由があるものです。

本当にあった「返品理由」

amazon輸出 返品

次に、実際にあった
返品理由を紹介していきます。

  • 価格が思ったよりも高かった
  • 新品ではなかった
  • 正規メーカー品でないものが届いた
  • 型番が異なっていた
  • デザインがイメージと違った
  • 商品説明文と本体が異なっていた
  • 商品が破損していた
  • 住所に不備があり届かなかった

これは、氷山の一角に過ぎませんが
Amazon社は購入者至上主義で有名な様に
およそ想像もつかない様な理由での
返品がバンバン発生しますので
Amazonのセラーが集うフォーラム
紹介しておきたいと思います。

質問に対し、回答も現役セラーが
答えていますので非常に参考になります。

「セラーフォーラム」

最後に

amazon輸出 返品

Amazonで輸出販売を続けている限り
返品から逃れることは不可能です。

返品が実際に発生した際の
対応方法から、実際に返品が起こる
理由付けを頭に入れておくことで
仕入れの段階から返品が発生する
可能性のある商品を除外することができます。

この選別過程は、最初感覚的なものでも
意識して行っていくべきです。

返品率をコンマ数%でも減らしていくには
この様な、細かい作業を怠っていては
実現できません。

関連記事

  1. AmazonFBA代行の梱包ルール【完全保存版】
  2. Amazon輸出で売れる商品の見分け方
  3. 【Amazon輸出代行業者が最後の砦】Amazon輸出ビジネスを…
  4. 【Amazon輸出代行の選択前に考えること】売れない原因をJAP…
  5. Amazon輸出FBAへの直送法【物流の合理化】
  6. Amazon輸出代行ガイドライン【総括篇】
  7. Amazon輸出とは【メリットの数に注目です】
  8. 米国Amazonの出品する商品の選び方と輸出時の注意点
PAGE TOP