Amazon輸出ツールの比較とおすすめ

この記事ではAmazon輸出ツールとしておすすめのものを選ばせていただきました。

基本的に本業としてAmazon輸出に取り組まれている方は皆有料のツールを使っていますのでまずは有料のものを紹介したいと思います。

有料のAmazon輸出ツール

アマトピア

弊社のコンサルティングサービスをお申込みいただいた方も特典として利用可能なAmazon輸出界の王者的ツールです。

他社よりも料金は高めですが他社が備えていない機能を多数揃えており海外のツールだと似たような機能を揃えているものだと5万円ほどするので本格的にAmazon輸出に取り組まれている方にはもっともおすすめできます。

複数ある機能で特におすすめなのが商品リサーチ機能で国内外合わせても唯一と言えるAI技術を用いた販売予測機能が付いています。

弊社で推奨しているFBA販売のノウハウであれば最低限この機能さえあればAmazon輸出を行うことが可能です。

また国内Amazonや楽天、Yahooショッピングの価格や在庫の有無によって価格改定を行うことの出来る価格改定機能も出品者出荷では非常に重宝します。

商品リサーチ機能では中古品のリサーチも可能でリサーチを行なった結果をebayへの出品形式で出力できるのも特徴的です。

アマトピアを利用している方は弊社の代行サービスの月会費がかからずサービスを利用できるようにしているためツールも物流も活用したいという方にもおすすめです。

弊社の送料表をデフォルトで組み込んでくれるようにアップデートしてもらっているので商品リサーチの際も弊社の物流で送った場合に利益が出る商品かどうかすぐに判別することが出来ます。

利益が出ることを確認し、かつ予想販売数で十分な数が売れると判断できた場合にすぐに配送可能な弊社の配送代行サービスを使っていただければ高い精度で商品販売で利益を出すことが可能となっています。

ただしツールで利益が出るとなっていても販売許可が必要であったり輸出を行えないものもあります。

また通常急激に為替変動をすることはありませんが5~10年に一度急激に為替が動くことがあります。

そのような場合は自分にとって都合のいい方向に為替が動いてくれれば利益は倍増しますが逆に動けば当然赤字になることもあります。

そのためゼロリスクとは言えませんが今では本業だけでなく副業としても多くの方が取り組んでいる再現性の高いビジネスとなっています。

プライスター

ユーザー数No.1と言われているツールです。国内せどり系のユーザーが多く輸出向けではありませんが価格が安く導入しやすいのがメリットです。

その他特筆すべき点はありませんが強いていうのであれば他のセラーの合計売上がランキング形式になって表示されるのでモチベーションが高まりやすいというメリットがあります。

Amazon自体に価格改定機能が付く前は使っていた方も多いと思いますが最近は他のツールに移行している方が多い印象です。

Amazon輸出が初めてでなるべく安くAmazonのツールを使いたいという方におすすめです。

PRIMA

デスクトップ型のアプリケーションです。

商品リサーチの機能ではアマトピアに匹敵するほど多くの情報を取得可能ですがこちらは販売予測機能は付いておらずモノレートへのリンクのみとなっています。

そのためFBA販売向けとなる月の販売数が多い商品のリサーチにはあまり向いていませんがこれからAmazonでの販売を始めるユーザの方には価値のあるツールとなっています。

他社のツールでは対応していないところが多い中国やオーストラリアのAmazonにも対応しているのが特徴的です。

関連記事

  1. 【Amazon輸出代行の選択前に考えること】売れない原因をJAP…
  2. Amazon輸出での返品至上主義について【FBA販売篇】
  3. miss 【Amazon輸出】無在庫販売でよくある失敗例7つとその対処法
  4. 米国Amazonの出品する商品の選び方と輸出時の注意点
  5. Amazon輸出代行ガイドライン【総括篇】
  6. アメリカアマゾンへの送料を抑える方法【クーリエvs代行業者】
  7. アメリカアマゾン輸出で求められる対応力【突然の規約変更篇】
  8. 【500円台のAmazon輸出代行ならシュウカキにお任せを】Am…
PAGE TOP