Amazon輸出無在庫販売の発送代行

弊社ではFBAの納品だけでなくエンドユーザーへの発送にも対応しています。

そのためAmazonやメルカリなどの買付先からダイレクトに弊社に商品をお送りいただきそのままエンドユーザーへの元へ海外発送することが可能です。

実際に数多くの無在庫セラーの方にご利用いただいています。

中古品でも可能ですが機械類の動作確認は出来かねますので販売者側で動作が保証されているもの以外の仕入れは推奨していません。

新品に関しては結局Amazon仕入れが一番人気と言われています。

中古品に関しては弊社の方では把握できないかつそもそも個人情報の為公表できませんが一般的にはメルカリやヤフオクなどが多いようです。

Amazon輸出無在庫販売の流れ

  1. 商品リサーチ
  2. 出品
  3. 在庫管理(価格改定)
  4. 仕入れ
  5. 発送

というシンプルな流れになっています。

弊社で請け負っているのは4から5にかけての部分です。

商品リサーチや価格改定などのノウハウは無在庫販売実践者のブログ等を参考にしつつ進めていただければと思います。一般的には日本のAmazon仕入れで海外のAmazonで販売している方が多くなっています。

なお弊社ではFBA利用:エンドユーザー向け発送利用(無在庫販売など)=6:4程度です。

FBA利用の方は最近では工場までの集荷を依頼される方が多く輸出OEMでの利用が増えているのを感じています。

時代に合わせてニーズが少しずつ変化はしているもののシュウカキではあらゆるパターンの輸出物流をお手伝いさせていただいています。

ただし当然ですが発送情報の入力を行う作業は発生します。どこに送るかを指示いただかなければ発送を行うことは出来ないためです。そのため完全に自動化させるために外注パートナーを雇いAmazonでユーザー権限を追加して、発送先情報を弊社に連絡するという形を取っている方もいらっしゃいます。(本人にこの情報をブログで掲載していいことを確認済みです)

その方は1件100円で任せているようです。

別のビジネスですが仕入れのためにクレジットカード情報前教えている方も世の中には存在するようですが流石にそれは危険度が高すぎるかと思います。(社員の方であれば問題ないものの外注パートナーに教えるのは危険度が高いです)

ただそこまでやれば全てを完全に仕組み化できます。

自分では発送を行う限り仕組み化することはできないので自社物流を構築するか代行会社を利用するかをコストを計算した上で決めることになるでしょう。

輸出無在庫販売の発送代行を利用するメリット

  • ミスを減らすことができる
  • コスト削減につながる
  • 仕組み化しやすい

ミスを減らすことができる

物流のプロが発送するため人的ミスを極限まで減らすことが可能です。

コスト削減につながる

送料のコストはもちろん人を雇う人的コスト、倉庫などの保管場所のコスト削減につながります。

仕組み化しやすい

自分で発送を行うと週のうち数日は必ず家にいないといけませんが物流代行会社を使うことでどこにいても取り組むことが可能になります。

元々FBAを活用した輸出ビジネスは仕組み化しやすいことで知られていますが無在庫販売も便利なツールの台頭や無在庫輸出代行サービスの存在により仕組み化されている方が増えています。

将来的に事業売却の予定がある方や休みを自由に取りたい方などは代行会社を利用して発送を自分で行わないよう仕組み化する必要があります。

返品リスクを減らすには

無在庫販売のビジネスモデルでは、商品を在庫に保持せず、注文が入った際にサプライヤーから商品を購入し直接顧客に発送します。このモデルには返品リスクがありますが、以下がそのリスクを減らすためのいくつかの戦略です。

商品選定

ヘッドフォンなどの音響機器などは複数商品を購入し比較して返品するような購入者もいます。eBayの場合は問題ありませんがAmazonではセラー側の権利が強いためこういった商品を扱っていると他の商品より返品率が高くなってしまいますが対策方法ありません。高い返品率を受け入れるかそもそもその商品を扱わないようにする他ありません。

クリアな返品ポリシーの設定

顧客に対して明確で分かりやすい返品ポリシーを設定しましょう。ポリシーは返品の条件、期間、手続きなどを詳細に説明するものであり、顧客が返品手続きを理解しやすくします。

信頼性のあるサプライヤーの選定

高品質かつ信頼性のあるサプライヤーを選定することが重要です。サプライヤーの評判やレビューを確認し、過去の顧客の経験を考慮に入れましょう。信頼性のあるサプライヤーは、商品の品質や返品処理において信頼性があります。

メルカリなどで購入する際も評価数が多いセラーからだけ仕入れましょう。

商品の正確な説明と画像の提供

顧客に対して商品の正確な説明と高品質な画像を提供することで、商品が期待通りであることを明示します。これにより、顧客が商品に満足しやすくなり、返品のリスクが減ります。

 返品に関するコミュニケーション

顧客とのオープンで透明なコミュニケーションを重視しましょう。返品が生じた場合、スムーズで迅速な対応を心がけ、顧客に安心感を提供します。

Amazon輸出無在庫販売の代行まとめ

輸出無在庫を自動化させるためには発送代行会社の利用が不可欠です。

ぜひ仕組みの中に組み込んでみてください。

関連記事

  1. Amazon出品代行業者を使う前に【シュウカキ篇 No.2】
  2. 【Amazon輸出FBA納品代行も仕組みの一環】返品リクエストは…
  3. アメリカアマゾン転売に必要な優位性の意識【伝統文化篇】
  4. difference 【Amazon輸出】小口出品と大口出品の違いについて解説
  5. Amazonで稼ぐ方法を身につけてこれからの時代を生き抜こう
  6. 【Amazon輸出】権利侵害で警告される原因と対処法
  7. 在庫切れ 【Amazon輸出】在庫切れを起こしてしまった時の対処法
  8. Amazon輸出とebay輸出のメリット・デメリットの比較
PAGE TOP