輸出ビジネス

主要クーリエ3社(Fedex・DHL・UPS)とEMS(郵政)のサービス・送料の比較

日本から海外への荷物輸送について、主要なクーリエサービスであるFedEx、DHL、UPSと、郵政が提供するEMS (Express Mail Service) について比較を行います。ただし、各サービスの料金やサービスの内容は時間と共に変化するため、最新の情報は各サービスの公式ウェブサイトを参照することをお勧めします。

FedEx

FedExは、国際的な配送ネットワークを持つ大手の宅配便サービスです。迅速な配送と追跡システムに優れています。ただし、他のサービスに比べて料金が高めに設定されていることが多いです。

DHL

DHLは世界中に広範なネットワークを持つ国際宅配便サービスで、追跡システムや配送スピードに優れています。特にヨーロッパへの配送に強く、企業向けの大量配送サービスも充実しています。

UPS

UPSもまた、広範な配送ネットワークを持つ国際宅配便サービスです。価格面での競争力があり、追跡システムも充実しています。

EMS (郵政)

EMSは日本郵政が提供する国際速達サービスで、安価な料金設定が魅力です。また、全世界への配送が可能で、手数料も比較的安価です。ただし、配送スピードは私企業のクーリエサービスに比べてやや劣る場合があります。

代行会社(フォワーダー)

代行会社(フォワーダー)は上記の配送会社と大口契約を結んでおり直接クーリエと契約を結ぶより安くなるケースがほとんどです。自社で数トン単位で送る場合は直接クーリエと契約した方が安くなることが多いのでうまく使い分けるようにしましょう。

これらのサービスの選択には、配送先、重さ、サイズ、配送スピードの要求、予算など、多くの要因が関与します。そのため、どのサービスを選択するべきかは、具体的な配送ニーズによって異なります。

最新の送料情報や詳細なサービス内容については、各クーリエサービスの公式ウェブサイトや、EMSの情報を提供している郵便局のウェブサイトをご確認ください。また、商用利用を考えている場合には、各クーリエと直接交渉し、ビジネス向けの料金プランを提供してもらうことも可能です。

関連記事

TOP