シュウカキについて

サービス名の由来

yourstory_service_msme

シュウカキはAmazon輸出ビジネスで
活躍する「Shuhei」、「柿沼たかひろ」
両名によって立ち上げられた
サービスであるため
二人の名にちなんで
命名されています。

以下に二人の運営者情報を記します。

Shuheiの情報

prof

経歴

株式会社REALMS専務取締役
Web集客コンサルタント
貿易大学講師

5歳でエレクトーンを16歳でギターを始める。
某音楽事務所在籍で本業の傍ら作曲業を営む。

東京大学大学院在学中にサラリーマンになる自分の将来を悲観して起業。

2012年に中国の展示会に単身赴きギターエフェクターの卸契約を複数取ったことが本格的な輸入ビジネスの始まり。
起業して半年で月収100万円を超える。
その後伝統工芸品を中心に輸出ビジネスも展開。

2013年に設立した会社を2014年に売却。25歳にして事業売却とM&Aを経験。

Web集客・ブランドマーケティングが得意で Webサイトへの集客はもちろん実店舗の集客も行いこれまでに集客コンサル・集客改善をした法人企業は80社以上。
最近開催した集客セミナーは20000円と高額にも関わらず自身の集客のみで60名以上集める。

法人5社の役員を経て現在は日本とアメリカで会社経営を務める。
主な事業はWeb集客・ソフトウェア開発・オリジナルブランドの販売・コンサルティング。

また現在は自身の成功を社会に還元するために貿易大学というWebサービスの講師を務め特に学生や主婦向けに資本金が少ない状態から起業して成功する再現性の高い方法を研究している。


メッセージ

こんにちは、Shuheiです。

シュウカキというサービスは渋谷の寿司屋で僕が柿沼さんに「本当にいい(ユーザフレンドリーな)発送代行サービスを作りたいんです、一緒にやりませんか?」と言い柿沼さんが二つ返事で「ぜひやりましょう」と言ってくれたことに端を欲します。

輸出ビジネスを実際にやっている代行業者というのは当時はほとんどなく僕自身その前に関わっていた代行サービスに嫌気がさしていたので自身を持って本当にいいと思えるサービスを作れたことを嬉しく思っています。

僕は今は何人かのビジネスパートナーを通してしかAmazon輸出を行っていませんが物流の大切さは身に染みています。

物流とリサーチは一見関係がない様に思えますが安い送料を手にできるかどうかでリサーチのやり方自体も変わってくるからです。

自分で送っていたり一般的な価格の代行業者で送っていては絶対に利益が出ない商品、当然リサーチの段階で切り捨てると思いますが送料コストを下げることによりリサーチ段階で他の人は利益が出ないけど自分が扱うと利益が出る商品というものが見つかってきます。

通常ツールで簡単に見つかる利益が出る商品というのはライバルが増えやすく仕入れには注意が必要ですが本当に安い物流を使うとライバルには扱えない自分だけが扱える商品が出てくるためリサーチ時間も大幅に短縮されます。

多くの人が気づいていないことですがこれだけ物流の力は大きいのです。

また輸出ビジネスでは物流以外にも卸仕入れであったり物流の改善が重要になってきます。

そのためシュウカキをご利用の方には卸仕入れに関しても協力させていただいています。

副業ではなく本業として利益を追求したいあなたへ。
『シュウカキ』はユーザーの方とともに未来を歩める強さを持っています。
ぜひ一度お試しください。

Amazon輸出初心者のためのブログ

柿沼たかひろの情報

o031404191404099209905-1

経歴

株式会社ビレッジグリーン代表取締役
輸出入貿易ビジネスコンサルタント
日本郵便 海外通販セミナー 講師

3歳でピアノを始め、14歳でギターを持つ。
大学在学中に、EpicSonyよりデビューするも、1年後に方向性の違いでバンドが解散。

再デビューのきっかけをうかがいながら、バンド活動を続けるうちに海外のオークションサイトでは、日本より安い価格で楽器が購入出来るという事を知る。
そこで「海外で買ったさまざまな商品を日本で販売すれば儲かるのでは?」と考え、音楽活動の傍ら2008年に輸入ビジネスをスタート。
取引の規模を年々拡大し、2011年には日本法人を設立。

同年にAmazonを使った輸入販売を応用した独自の手法で、Amazon輸出ビジネスのノウハウを確立しAmazon海外販売のパイオニア的存在として、コンテンツ配信をスタート。
2012年にはハワイ法人を設立。
オリジナルブランドの立ち上げやメーカーの独占販売代理店として日本を始めとした世界各国でのセールス・プロモーションも手がける。
最近はインドや東南アジア諸国での販売もスタートし事業拡大中。

現在は、自社の貿易事業の他に、コンサルティングやセミナー活動を通じて、個人の独立起業や企業の海外進出をサポート。
全国各地で行っているセミナーの受講者は、4年間で延べ1300名以上。

著書:
「個人輸入&輸出で儲ける超実践テク131」(技術評論社)(Amazonランキング 3部門1位獲得)
「Amazon個人輸出はじめる&儲ける超実践テク103」(技術評論社)(Amazonランキング 3部門1位獲得)
「eBay個人輸入&輸出 はじめる&儲ける 超実践テク101」(技術評論社)(Amazonランキング 1部門1位獲得)


メッセージ

こんにちは、柿沼たかひろです。
シュウカキの発送代行サービスにご興味をお持ち頂きありがとうございます。

ここ数年Amazon輸出では参入者が大幅に増加した結果、ほぼノーリスクではじめられる無在庫販売の競争が激しくなりました。
それに伴い無在庫販売より利益の確保しやすいFBA販売の参入者も徐々に増えてきています。

FBA販売は在庫リスクはありますが、データを元に緻密な利益と資金の回転率の計算を行う事で有象無象の無在庫販売セラーと大きく差別化をすることが可能です。

その一方で、データ分析や利益計算で手を抜いてしまった結果大量の不良在庫を抱え、資金がショートして物販ビジネスから撤退していくひとが後を絶たないことも事実です。

FBA販売で成功するためには、3本の大きな柱が必要になります。
その中でも多くのひとがまず注意を向けるのが「リサーチスキルの向上」と「仕入ルートの開拓」です。

売れ筋の商品を見つける事が出来なければ商品は売れませんし売れ筋の商品を見つけても、安く仕入れる事が出来なければ、利益を確保することは出来ません。

確かにこれら2つは在庫を持つ物販ビジネスにおいてもっとも大切なポイントのひとつです。
しかし、FBA販売成功の鍵を握る、最後の1つの柱「安定した物流ルートの確保」については、興味を持たない人があまりにも多いです。
送料の削減はそのまま継続的な利益に直結しますし通関手続きや梱包作業にかかる時間やストレスの軽減はあなたにクリエイティブな作業や長期的な事業展開のために費やす時間を増やします。

これらの感覚は、一般的な貿易業界ではあたりまえの事で物流業者選びは、ビジネスの成功を分ける大きなポイントとして考えられています。

シュウカキはAmazon輸出が一般に知れ渡った2012年から弊社が蓄積してきたAmazonFBA納品のノウハウを集結させて作ったサービスになります。
面倒な通関手続き、サーチャージや容積重量などによる複雑な料金体系、煩雑な梱包作業等、FBA納品につきまとう様々な問題をシュウカキはクリアにします。

あなた専属のスタッフが細かいご要望や様々なご質問にも素早く対応しビジネスの成功をサポートを情熱を持ってさせて頂きます。
会員様限定のセミナー・懇親会なども開催しておりますのでいつかお会い出来ることを楽しみにしております。

柿沼たかひろ公式ブログ

PAGE TOP